男性と女性

血圧を下げるなら食事を変えてみるのが賢明

持病のある方の食事

食事

生活習慣を変えるのに役立つとして高血圧の方にも人気なのが、病食です。このような病食を利用することで、血圧を下げる食事療法を行なう一つの機会が得られます。高血圧向けの商品がない時は、心臓病や腎臓病向けの塩分制限食でも時に代用が可能です。

もっと詳しく

健康の基礎は食べること

食べる女性

人間が生きていくために欠かせないのは毎日の食事ですが、それが血圧を上げてしまう原因になっていると言われています。血圧を下げるために、調味料や調理器具を変えるという簡単なところからスタートしてみましょう。

もっと詳しく

理想の数値を目指す

和食

お酢を活用すること

血圧は、年齢を重ねていくうちにどんどん上がっていくものです。血圧が上がると、血管に負担がかかりやすくなり血管が閉塞したり裂けるなどといった重篤な症状を引き起こすことがあります。高血圧は様々な病気の原因にもなるので、日々自分の血圧をしっかりと測って把握することが基本になります。血圧を下げるには、食事にお酢を取り入れることが大事になります。お酢は、血圧を少しずつ下げる働きをするので塩分や糖分が含まれる調味料を使う代わりにお酢を使うようにするとより健康的な食事が取れるようになります。特にオリーブオイルと合わせると良いと言われているので、調味料を少なくし味付けはお酢を中心にしてオイルも組み合わせると良いでしょう。

野菜とタンパク質を摂る

血圧を下げる食事の内容としては、野菜とタンパク質を中心に摂ることが大事です。野菜に関しては、ほうれん草やトマト、さつまいも、ブロッコリーなどといった緑黄色野菜を中心に摂ると良いと言われています。水分量の多いスイカやメロン、ビタミンが豊富なイチゴやキウイ、アボカドなどの果物も一緒に摂ると良いです。タンパク質に関しては、脂質が少ない鳥のささみや胸肉などを摂ると良いです。血圧を下げる食事は、管理をするのが毎日大変になるので管理栄養士が献立をたてて作る宅配サービスを利用した方が便利な場合もあります。運動を行い、食事を意識して摂るようにしつつ、食事の宅配サービスも積極的に取り入れるとより便利になると言えます。

食材の工夫で健康的に

料理

高血圧の人は、食事の改善で血圧を下げる取り組みが効果的です。まず塩分の過剰摂取は避けるようにし、高カロリーな食事も控えなければいけません。それとは逆に積極的に取っていきたい食材もあるため、病院の指導などを上手に取り入れていくといいでしょう。

もっと詳しく